印刷

特殊なハガキを利用する

ニスで複数枚のハガキが張り付いているハガキのことを圧着ハガキと言います。文書の内容を他人に読まれることが出来ないようになっているので、請求書の郵送などで活用されています。また、最近では、ダイレクトメールとしても活用されています。

業者に依頼する

印刷物

適切な業者選び

年賀状はパソコンや家庭用プリンターの登場とその価格の低下によって自宅で誰でも簡単に作ることができるようになっています。しかしこの簡単に作れるといっても相応の時間が必要ですし費用もかかります。それに家庭用プリンターでの印刷は品質にも限界があり、特に写真印刷ではグレードの低いプリンターでは、きれいに印刷することができません。高画質できれいな写真を年賀状で送りたい場合には、専門の印刷業者に依頼するのが無難です。年賀状を業者に印刷を依頼するにしてもそれぞれに違いがあります。写真印刷の品質は専門の業者であればそれほど大きな違いはありませんし、年賀状のようなサイズの写真では元の写真の解像度さえ高ければ仕上がりはほぼ同じです。このため選ぶさいには料金が重視されます。年賀状の料金にプラスして印刷代が必要になりますが、印刷代そのものは100枚であれば1枚あたり5円程度です。ただ料金が安いところは納期に時間がかかるため余裕をもって発注する必要があります。一方で納期が早いところは料金が割高になります。これは年賀状以外の印刷を依頼した場合も同様で早くしてもらおうと思った場合には少し高めの料金を支払う必要があります。特に年賀状は一時的なものですから、需要の高まりが激しく急ぎの状態にならないようにすることが大事です。また急ぎで印刷をしてもらう場合にも評判の良いところを選ぶことがトラブルを避ける上でも大切です。